WSL に Ubuntu をインストール

オウルです。

WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)のプレビューが開始されていますね。ということで WSL2 の正式リリース前に WSL をインストールしてみます。

Microsoft de:code 2019 では少しですが WSL2 と WSL を比較するセッションがありました。アカウントをお持ちで興味のある方は、ご覧ください(アカウントがない方は作成すれば無料で見れます)

ではインストールしてみます。OS は Windows 10 を前提とします。

WSL インストール

オプションの有効化

選択 Linux ディストリビューションをインストール

左下の検索フォームに microsoft store と入力して Microsoft Store を起動します。検索フォームに Ubuntu 18.04 LTS と入力します。

[ 入手 ] をクリックします。

[ 起動 ] をクリックします。

Ubuntu にアクセス

Linux ユーザーアカウントの設定

[ 起動 ] をクリックすると、ターミナルが起動されます。

任意のユーザー名とパスワードを入力します。このユーザーアカウント( root ではない)は、ディストリビューションの起動時に既定でログインします。 また、Windows ユーザーには影響しません。

パッケージを更新とアップグレード

久しぶりに(10年位前に少しだけ) Ubuntu にさわったが apt が推奨になってる。前は、apt-get だった気がする。

ローカルのドライブもマウントされていますね。

その他参考

せっかく WSL で Ubuntu の環境ができたので、次は個人的に少し興味がある Mozillaが支援するオープンソースのシステムプログラミング言語の Rust + Visual Studio Code + WSL でお馴染みの Hello World をしてみます。

カテゴリーWSL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA