聖印(クレスト)をかざし混沌(カオス)をなぎ払え!- グランクレスト戦記がとまらない

オウルです。
今回、紹介する漫画はこれだ!!
グランクレスト戦記1巻
(C) 四葉真 (漫画), 水野良 (原作), 深遊 (キャラクター原案), 白泉社

※画像をクリックすると『グランクレスト戦記 1巻』が無料立ち読みできるBookLiveのサイトに遷移します。
一通り漫画を読み終えて、おもしろかったぁと思いながら何気に帯を見ると原作小説が載ってて、あ~なるほど。どうりでストーリーがよくできてます。しかも、漫画は絵がきれい。漫画の最新刊は4巻です。今回は第1巻の紹介です。聖印クレスト)は君主ロード)の証、タイトルにも含めれている聖印クレスト)って一体何なのでしょうか。それではどうぞ。
はるか昔、世界に満ちる謎の因子「混沌カオス)」。それは自然律を乱し、魔物を生み、天変地異を引き起こす程のものです。時は流れ「混沌」の濃度は下がったが、聖印クレスト)と領土をめぐっての権力争いが絶えません。
印(クレスト)と君主(ロード)
聖印(クレスト)の始まりは、世界に「混沌」が濃く満ちていた頃にあります。「混沌」から「秩序コスモス)」の結晶である聖印(クレスト)を生み出す者が現れたのです。その者こそが君主ロード)です。かつて君主(ロード)とは、聖印(クレスト)を使役して「混沌」から民衆を守る存在だったのです。それが、現代の聖印(クレスト)は権力争いの道具。なぜ「聖印(クレスト)= 権力争いの道具」となってしまったのかというと、なんと聖印(クレスト)は統合・割譲が可能なのです。そのため聖印(クレスト)と領土をめぐる争いが絶えないのです。
聖印(クレスト)のイメージ
ロインのシルーカ・メレテス
ヒロインのシルーカ・メレテスは、魔法大学で全学部修了を目指す才色兼備の魔法師(メイジ)です(1巻の表紙を飾っている女の子です)。魔法師(メイジ)とは、混沌を制御し任意の現象を引き起こす「魔法」の使い手です。実際にシルーカ混沌を収束させて、ギリシア神話のゲーリュオーンの牛の番犬と称される双頭の犬、オルトロスを召喚します。また魔法師(メイジ)は、魔法の他に知識や軍略で君主(ロード)を支える存在になることがあり、そのような関係の場合は、君主(ロード)と契約を結ぶことになります。
しかし、シルーカは君主(ロード)との契約、領土争内には関りを持ちたくないと考えていました。そう「いました」なのです。シルーカの才能に魅せられたコンスタンス伯爵契約することが、自分の意志とは無関係に決まってしまいます。
人公のテオ・コルネーロ
主人公のテオ・コルネーロは、聖印(クレスト)の持ち主です。この聖印(クレスト)は退治した魔物からテオ自ら作ったのです。現代において、割譲や世襲以外で手に入れた聖印(クレスト)は珍しいみたいです。テオの故郷(魔境の島)はロッシーニ子爵が支配しているシスティナにあります。騎士になり、その故郷を救う、それがテオの強い信念です。因みにテオの爵位(カウント)は従騎士です。どうやら従騎士の爵位では魔法師(メイジ)とは契約できないようです。
爵位(カウント)制度
語のはじまり
コンスタンス伯爵との契約に気が進まないままアルトゥークへ向かうシルーカ。そこにアルトゥークと戦争を始めるつもりの君主(ロード)の兵士が、契約を阻止しようとシルーカを襲います。そこに助けに入ったのが聖印(クレスト)の持ち主であるテオです。これが二人の出会いとなります。半ば強引にシルーカテオと契約して永遠の忠誠を誓うことになります。あれ!?そういえば、テオ魔法師(メイジ)とは契約できない従騎士だったはずです・・・そう半ば強引というのは、
  1. シルーカ混沌を収束させてオルトロス召喚
  2. テオが命からがらオルトロスを倒す
  3. オルトロスの混沌核(カオスコア)を吸収
  4. やったー騎士に昇格!
  5. 契約
・・・強引です。強い信念と純粋な心を持つ君主(ロード)のテオと理念のない単なる権力争いに執着する君主(ロード)を軽蔑するシルーカの二人が、大陸に波乱を巻き起こしていきます。
1巻ではシルーカの学生時代の友達も出てきます。友達も魔法師(メイジ)なのでしょうか!?興味を持たれた方は是非一度読んでみてください。
グランクレスト戦記 1 (ヤングアニマルコミックス)

グランクレスト戦記 1 (ヤングアニマルコミックス)

四葉真
648円(12/11 02:07時点)
発売日: 2017/02/28
Amazonの情報を掲載しています
今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA