燃えろ小宇宙!!聖闘士星矢がとまらない

オウルです。
先日、Amazon Prime Videoのコンテンツメニューを何気に見ていると・・・
(C)車田正美/集英社・東映アニメーション
なんとΣ( ̄口 ̄*) 、セイントセイヤー!!(『聖闘士星矢』)ですよ。
懐かしい・・・僕はドンピシャの世代なんですよね。1986年から1989年まで放送されていたテレビアニメを見てましたねぇ。
ワクワクしながら、どのエピソードを視聴しようかとカーソルを移動していると、
  • シャカ! もっとも神に近い男(乙女座のシャカ VS フェニックス一輝)
これが特に気になる。ということで聖域十二宮編黄金聖闘士)を視聴することに決めました。
乙女座のシャカ プロフィール
処女宮を守護する黄金聖闘士です。また黄金聖闘士の中で「最も神に近い男」と呼ばれるほどの実力者で、仏陀の転生と言われています。
年齢
身長
体重
20歳
182cm
68k
天魔降伏(てんまこうふく)
転法輪印(てんぽうりんいん)
六道輪廻(りくどうりんね)
天舞宝輪(てんぶほうりん)
天空覇邪魑魅魍魎(てんくうはじゃちみもうりょう)
女座シャカ VS フェニックス一輝

(C)車田正美/集英社・東映アニメーション
僕の中でシャカ圧倒的な強さを誇る黄金聖闘士の記憶があったので、どうやって一輝シャカを倒したのかなと思いながら見ていました。
この勝負は、シャカ攻防一体の最大の奥義である天舞宝輪(てんぶほうりん)を一輝が利用して相打ちという結末になりました。実際は、シャカは生きていて一輝を助けます。
超久しぶりに『聖闘士星矢』を見ましたが、ちょっと違和感というか、むずむず感がありました。それは、「」・「正義」・「友情」という言葉を連呼するのです。そんな真剣に、まっすぐな目で言われると、聞いている僕がちょっと照れてしまいます。でも、そういえばこれが『聖闘士星矢』なんですよね。
双子座のサガ最後を見届けました。おもしろかったなぁ・・・ん、待てよ、そういえば・・・『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』あったよな・・・
ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ |レンタル屋|
女座シャカ VS 双子座サガ水瓶座カミュ山羊座シュラ

(C)車田正美/集英社・東映アニメーション
おぉ、より一層、天舞宝輪(てんぶほうりん)が神々しくなってる。
この『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』では、サガカミュシュラの三位一体の技であるアテナエクスクラメーションのまえにシャカが敗れます。そして死ぬ間際に沙羅双樹の花びらに自らの血で阿頼耶識と書きアテナにメッセージを残します。このメッセージをアテナは受け取り、その後、サガ達と再会してアテナは死んでしまいます。どうやら、シャカの死には意味があり、アテナはシャカの死で決意ができたと言っていました。
なぜ、シャカは死ななければならなかったのか。
なぜ、サガ達は且つての仲間を敵に回しても、アテナのもとに行かなければならなかったのか。
続きが気になるー!
今回はAmazon Prime Videoで『聖闘士星矢』に再会しました。
アニメ好きには、たまらないサービスのAmazon Prime Videoを下の記事で紹介をしています、こちらを見てよいアニメライフを。


今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。


漫画・コミックランキング

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

よろしければ ↑ クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA